沖縄県のふるさと納税を応援するポータルサイト!おきふる

TOP > 久米島町特産品 > クメジマボタル観察会(1名)

市町村から選ぶ
宜野湾市 (0)
名護市 (0)
うるま市 (0)
宮古島市 (0)
宜野座村 (0)
嘉手納町 (0)
北谷町 (0)
西原町 (0)
南風原町 (0)
渡嘉敷村 (0)
粟国村 (0)
渡名喜村 (0)
北大東村 (0)
伊平屋村 (0)
伊是名村 (0)
多良間村 (0)
久米島町ふるさと納税 特産品詳細

沖縄県久米島町ふるさと納税 クメジマボタル観察会(1名)

沖縄県久米島町ふるさと納税特産品 クメジマボタル観察会(1名) 画像

クメジマボタル観察会(1名)

商品内容
クメジマボタル観察会
1名様
予約可能期間:ご利用日より1週間前に予約可
利用期限:寄付申込みより1年
利用期間:4月中旬~5月上旬
寄付金額
10,000円以上の寄付で貰える
取扱時期
4月中旬~5月上旬
商品コメント
世界で唯一、久米島だけに生息するクメジマボタルの年に一度だけの観察会

クメジマボタルは、1993年に発見され、世界で唯一、久米島だけに生息する事から、沖縄県の天然記念物に指定されましたが、環境の悪化が原因で、絶滅危惧ⅠA類となり、2016年には、 国内外の絶滅のおそれのある野生生物の種を保存するための法律「種の保存法」にも指定されてしまいました。

しかし、2000年に久米島町で開設された久米島ホタル館と、支援団体の久米島ホタルの会では、開設当初から、クメジマボタルの生息する河川環境の保全再生に力を入れ、2006年からは、環境省の推奨するこどもホタレンジャー活動に参加する島内の小中学生達の積極的な自然再生活動が、島内外への理解を深め、久米島ホタル館の河川では、再びクメジマボタルが発生し、陸生のホタルも数多く飛び回るようになっています。

島内で暮らす人々に、クメジマボタルの飛び交う島の豊かさと素晴らしさを観て感じてもらうような観察会を続ける事で、島の自然を大切にするための、ささやかな行動を促進させることを目的にした島の未来を夢見る観察会です。
※人数の制限(最大10名)


■対象
満10歳以上
小学生の参加は保護者同伴での参加となります。
中学生~未成年者の参加は保護者の同意が必要となります。


■所要時間
集合からお帰りまでの所要時間1時間
1)集合(19:30)


■当日のスケジュール
集合から解散までの流れ
久米島ホタル館に集合 ⇒レクチャー館内見学(約15分) ⇒ 体験(約45分) ⇒ 解散

※少量の雨天時は遂行可能です。
屋内別メニューへの変更も可能ですのでご相談ください。

※ご来店時に本人確認をさせて頂きます。
・台風等の気象状況により遂行不可能な場合は、別日程へ変更もしくは同寄付金額相当の特産品詰め合わせのどちらかから再度選んで頂きますのでご了承ください。
※こちらは4月中旬~5月上旬限定のプログラムになります。
・予約状況によりご希望に添えない場合がございますので、事前にご確認ください。
【久米島ホタル館】
TEL: 098-896-7100

利用期間:4月中旬~5月上旬

有効期限:寄附申込より1年間有効
※お礼品の画像はイメージです。
※掲載内容について、最新の情報ではない場合がございます。特設サイトやふるさとチョイスで最新情報をご確認ください。
久米島町ふるさと納税特産品
沖縄県内のふるさと納税特産品

おきふるブログ

おきふるtwitter