沖縄県のふるさと納税を応援するポータルサイト!おきふる

TOP > 久米島町特産品 > 本場久米島紬 着尺(泥染め)・帯地セット

市町村から選ぶ
宜野湾市 (0)
名護市 (0)
うるま市 (0)
宮古島市 (0)
宜野座村 (0)
嘉手納町 (0)
北谷町 (0)
西原町 (0)
南風原町 (0)
渡嘉敷村 (0)
粟国村 (0)
渡名喜村 (0)
北大東村 (0)
伊平屋村 (0)
伊是名村 (0)
多良間村 (0)
久米島町ふるさと納税 特産品詳細

沖縄県久米島町ふるさと納税 本場久米島紬 着尺(泥染め)・帯地セット

沖縄県久米島町ふるさと納税特産品 本場久米島紬 着尺(泥染め)・帯地セット 画像

本場久米島紬 着尺(泥染め)・帯地セット

商品内容
着尺12m70㎝以上
帯地5m30㎝以上
寄付金額
10,000,000円以上の寄付で貰える
取扱時期
通年
商品コメント
【久米島紬】
久米島紬(くめじまつむぎ)は、蚕から取った真綿でつむいだ糸を原料糸として、天然の草木、泥染めによって染色します。
織りは、手投杼を用いて丹念に手織りで織り上げます。これらのすべては伝統を踏襲し、一貫した手作業を一人の織子が行うところにあります。

したがって、久米島紬にはつくる人の想い入れが込められ、紬糸のもつしなやかな風合いが着る人の着心地を満足させ、さらに気品をかもし出します。
久米島紬は、昭和50年には、伝統工芸品として通産産業大臣の指定を受け、昭和52年には県の無形文化財として指定され、さらに平成16年には国の重要文化財として指定されました。

500年以上の歴史を持ち、国指定の重要無形文化財に指定された染め織物。
素材は絹。染織は久米島に自生する草木染め、泥染め。

染め、織り、括り等の手作業を一貫して一人の織子が行う。
日本の紬絣技法は久米島を起点に発達し、日本各地に伝番されたため久米島が紬発祥の地と言われる。

画像はイメージです。一反一反織子が手作業で製作している流動商品です。
そのため希望に沿えない場合がありますことをご了承ください。寄付の前に必ずお問合せください。
●久米島紬事業協同組合
TEL 098-985-8333
※お礼品の画像はイメージです。
※掲載内容について、最新の情報ではない場合がございます。特設サイトやふるさとチョイスで最新情報をご確認ください。
久米島町ふるさと納税特産品
沖縄県内のふるさと納税特産品

おきふるブログ

おきふるtwitter