おきふる
  • TOPページ
  • 中城村 ふるさと納税詳細ページ

  • 【数量限定】中城村特産 島にんじん【約2.5kg】
  • ジャンルで選ぶ
    お礼品 詳細ページ - Gift Details Page -

    【数量限定】中城村特産 島にんじん【約2.5kg】

    【数量限定】中城村特産 島にんじん【約2.5kg】

    ジャンル

    寄附金額

    10,000円以上の寄付で貰える

    提供元

    中城農産加工所

    申込時期

    10月中旬~12月

    発送方法

    常温発送

    消費期限

    お早めにお召し上がり下さい。

    内容量

    島にんじん 2.5kg
    限定:50セット

    詳細

    11月中旬~12月下旬に収穫後、順次お届け

    沖縄の在来種の『島にんじん』は鮮やかな黄色の根が特長で、30cmほどの長さに育ちます。
    沖縄の方言では「チデークニ(黄色大根)」と呼ばれています。

    県内の島にんじん生産量の6~7割は中城産で、戦前から各農家による島にんじんの自家採取(種取)が行われており「中城チデークニ」として120年以上の歴史を持つ特産品となっております。
    中城村内でも特に『北浜・南浜・和宇慶地区』では島にんじん栽培が盛んに行われています。

    ほのかな甘みと独特の香りをもち、色合いが良いので料理の材料として使いやすく、また栄養成分は、眼精疲労や体を温める効果のあるカロテン、ビタミンA、ビタミンCを多く含むほか、カリウム、鉄分、抗酸化作用を持つリコピンなどは、西洋にんじんより豊富に含んでおり、沖縄では古くから薬膳料理「命薬(ぬちぐすい)」として、重宝されてきました。


    【島にんじん栄養成分表示(100gあたり)】
    エネルギー 32kcal   鉄      2.3mg
    たんぱく質 1.1g    カルシウム  38.8mg
    脂質     0g    カリウム    427mg
    炭水化物  9.4g    マグネシウム 12.4mg
    食塩相当量 0.08g    ビタミンB1  0.1mg

    島にんじんレシピのご紹介

    ◆栄養満点!具たくさんチムシンジ汁 【材料 6~7人分】

    ・生豚肉Bロース(500g)
    ・豚レバー(200g)
    ・大根(500g)
    ・島にんじん(200g)
    ・ゴボウ(小1本 30cm)
    ・レタス(1個)
    ・血抜きカツオ節(30g)
    ・だし昆布(15g)
    ・塩(小さじ1)
    ・酒(大さじ1)

    ①だし汁を作る。水に、だし昆布を5~10分つけて沸騰させる。カツオ節を入れて1~2分沸騰させる。
    ②レバーを1口大の大きさに切る。切ったレバーは塩小さじ1と酒大さじ1でよくもみ、水で洗う。その後沸騰したお湯に入れて、色が変わったらザルに取る。
    ③豚肉Bロースを1口大に切る。
    ④ごぼうは皮をそぎ落とし、水洗いして暑さ3ミリ程度の斜め切りにする。
    ⑤大根は皮をむき、5ミリのいちょう切りにする。
    ⑥にんじんは、皮をむき、3ミリの斜め切りにする。
    ⑦鍋にカツオだし汁、ゴボウを入れ沸騰させ、肉を入れて20分くらい煮る。その後、大根、島にんじん、レバーを入れ、アクを取りながら弱火で煮る。 (煮すぎるとレバーが硬くなるので注意)塩で味を調える。
    ⑧レタスを洗い、水気を切って鍋に入れ、さっとゆでたら火を止め出来上がり。


    ◆ピリ辛旨島にんじんのナムル 【材料4~5人分】

    ・島にんじん(1本)
    ・ニラ(1/2本)
    ・ごま油(小さじ2)
    ・塩(小さじ1/2)
    ・すりごま白(大さじ1)
    ・砂糖(少々)
    ・醤油(少々)
    ・鶏ガラスープの素(小さじ1/2)
    ・豆板醤(好みで少々)
    ・すりおろしニンニク(小さじ1/2)

    ①島にんじんの皮をむき、千切りにする。
    ②熱したフライパンにごま油を入れ島にんじんとニラを炒め、しんなりしたら全ての調味料を加え炒めたら出来上がり。



    ◆香り良し島にんじんのゴマよごし 【材料一人前】

    ・島にんじん(300g)
    ・だし汁(2カップ)
    ・梅干し(5個)
    ・ザラメ(50g)
    ・すりごま白(適量)

    ①島にんじんの皮をむき、5cmの大きさに切りさっと茹でる。
    ②梅干しを手でほぐし、深めのナベにだし汁、梅干し、ザラメ、茹でた島にんじんを入れ煮る。
    ③島にんじんを好みの固さに茹でた後、取り出し、すりごまを和えたら出来上がり。

    保存方法:光に弱いので、ビニール袋に入れてから、新聞紙などで包み冷蔵庫で保存すると長持ちします。


    ※11月中旬~12月下旬に収穫後、順次お届け
    ※お礼品の画像はイメージです。
    ※掲載内容について、最新ではない場合がございます。特設サイトやふるさとチョイスで最新情報をご確認ください。