おきふる
  • TOPページ
  • ジャンル別お礼品 工芸品

  • シーサー
  • やちむん 焼しめシーサー 茶
  • ジャンルで選ぶ
    お礼品 詳細ページ - Gift Details Page -

    やちむん 焼しめシーサー 茶

    やちむん 焼しめシーサー 茶

    ジャンル

    寄附金額

    30,000円以上の寄付で貰える

    申込時期

    通年

    内容量

    焼しめシーサー ペア
    サイズ:横 約12㎝ × 高さ 約15㎝
    重さ:(ふたつで)約1.9Kg

    詳細

    焼きしめシーサー 茶 「やちむん家」作

    サイズ 横 約12㎝ × 高さ 約15㎝ 重さ:(ふたつで)約1.9Kg

    沖縄の玄関先や、赤瓦の屋根の上でよく見かけるシーサー。
    シーサーは災いや魔物を追い払い、福を引き寄せるといわれ、
    沖縄では広く親しまれています。

      

    沖縄を代表する伝統工芸「やちむん(焼物)」

    沖縄では、焼物のことを「やちむん」と呼び、食器や雑器、泡盛の容器として
    永く愛用されてきました。
    1682年、琉球王府は沖縄各地にあった窯を首里城下に集め、壷屋窯が誕生しました。
    この壺屋窯よりも古い窯が、読谷村喜名から発掘調査によって発見されています。

    1972年、金城次郎氏(故人)が読谷に工房を移したのをきっかけに、1980年には中堅の
    陶工4名が共同登窯を築きました。
    その後、この共同登窯を中心としてやちむんの里が形成され、これをベースとして
    読谷村内に多くの陶工たちが集まりました。

    読谷村やちむんについてはコチラ→読谷村ギャラリー「Kajimai」

     

    ※やちむんは、ひとつひとつ手作りの為、その時々の窯の具合や季節ごとに仕上がりの色合いや模様、また表情が1客毎に異なる場合がございます。
    その旨をご了承頂いた上で、お選び下さい。

    ※お礼品の画像はイメージです。
    ※掲載内容について、最新ではない場合がございます。特設サイトやふるさとチョイスで最新情報をご確認ください。