おきふる
  • TOPページ
  • 特集記事一覧
  • プチプチとはじける食感!!海ぶどう特集

  • ジャンルで選ぶ
    プチプチとはじける食感!!海ぶどう特集
    海ぶどうは、温かい限られた海にのみ生息し、日本語名を「クビレヅタ」と言われています。


    沖縄県では、昔から食べられており、球状の葉がぶどうの房のようになって透き通るような半透明なエメラルドグリーン色の粒を持ち、その形状から「海ぶどう」という名が付けられ、別名「グリーンキャビア」とも呼ばれています。


    プチプチとした弾ける食感が楽しく、口の中で磯の香りが塩気と共に広がり、一度食べたら癖になるほどです。


    また低温に弱く、冷蔵庫で保存すると萎んでしまうので常温で保存しましょう。
    3-4日間は常温で問題なく保存できます。




  • 海ぶどうの栄養価々


    海ぶどうはマグネシウムやカリウム、カルシウムなどミネラル分が多く含まれています。また、体の健康維持、美容にも必要な成分のため、女性にとっても嬉しい鉄分、食物繊維などの栄養素を豊富に含んでおり、
    低カロリーなのでダイエット中でも安心して食べられます。

    海ぶどうの調理方法


    お酒のおつまみとして刺身感覚で醤油につけて食べたり、サラダ感覚でドレッシングやお酢をかけて食べたり、海ぶどう丼やカッルパッチョなどにもおすすめです。
    海ぶどうをトッピングするだけで鮮やかに仕上がりますので、おもてなし料理やパーティーメニューにもピッタリの食材です。



    海ぶどうの下処理法
    ①海ぶどうは、長時間水につけておくと、実がしぼんでプチプチの食感が失われてしまう為、さっと洗うことがポイントです。汚れや海水の塩気を落とすため、さっと水で洗いましょう。

    ②洗った後に氷水に10秒ほどつけておくと、実がパリッとしておいしくなりおいしさが増します。
    ※長時間水に浸すのは厳禁



    海ぶどうの注意点
    冷蔵庫には絶対に入れないでください。
    ※常温保存 温度変化により商品が潰れる場合がある。

    基本的に塩抜き不要。食べる前に汚れや海水の塩気を必ず流水で洗い流しましょう。


    ヘルシーで栄養価も高く、ミネラルやビタミン、鉄やカルシウムなどを多く多く含んでいるのでお勧めの健康食材です。


    沖縄海ぶどう ふるさと納税お礼品一覧