おきふる
  • TOPページ
  • 特集記事一覧
  • 見た目は悪いが味はうまい!沖縄たんかん栄養・効能

  • ジャンルで選ぶ
    見た目は悪いが味はうまい!沖縄たんかん栄養・効能
    沖縄県産たんかん

    「たんかん」は中国原産の果物で『ポンカン』『ネーブルオレンジ』の自然配合でできたタンゴールの一種
    「南国のみかん」として沖縄では冬の人気のフルーツです。
    沖縄で食べられる時期は1月から2月と短いです。
    ひらがなの「たんかん」カタカナの「タンカン」どちらでも表現するみたいです。
    漢字だと「桶柑」又は「短柑」「年柑」と書くみたいです。いまいち馴染みがないです。

    亜熱帯で育ち、昼と夜の温度差が重要な果物なので、沖縄本島北部の本部町(もとぶちょう)や大宜味村(おおぎみそん)国頭村(くにがみそん)などで栽培されています。

    見た目は悪いが味はうまい!

    沖縄で栽培される「たんかん」は「みかん」と違って表面がゴツゴツしていて見た目がよくありません。
    これは農薬などをあまり使用せずに栽培している事、台風が多い地域のため、風によって表面が枝に擦られ、スリ傷等ができてしまう事によります。
    ですが見た目とは違い、中身は非常にジューシーで濃厚な甘さ、程よい酸味を感じられる美味しい果物!それがタンカンなんです!

    冬になると沖縄県内の道の駅やJA、サンエー、かねひで、ユニオン、りゅうぼうなど地元スーパーで大量に売られています。そしてそれが飛ぶように売れています。

    「たんかん」の生産地の本部町や大宜味村・国頭村に観光で訪れた方は、大量に売っている「たんかん」を見て、気になってはいても見た目が悪いので敬遠する人も多いです。
    敬遠せず購入し、食べてみた人は「たんかん」の「美味しさ」「ジューシーな甘さ」に驚きます!
    この値段・量で、この美味さ!コストパフォーマンス最高のタンカンにリピート確定です。
    一度買うとハマってしまう魅惑の果物です!


  • たんかんの栄養・効能

    柑橘系No.1 ビタミンC
    たんかんは「柑橘系」 「柑橘系」といえばビタミンCですよね!
    たんかんは「温習みかん」と比べて約2倍のビタミンCが含まれています。
    柑橘類随一のビタミンC量なんです。たんかん1個で1日に必要なビタミンCが摂取できると言われるほどの含有量!

    ビタミンCは体内で作り出すことができない栄養素ですが、必須な栄養素です。
    抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果が期待できるビタミンCは「美白効果」「がんの予防」など様々な良い効果をもたらせてくれます。
    「美容」に「健康」に大切な栄養の「ビタミンC」が、たんかんにはタップリ含まれています。
    たんかんに含まれるビタミンCに期待される効果
    ・体の酸化を防ぐ
    ・老化防止
    ・ストレスへの抵抗力アップ
    ・病気への抵抗力アップ
    ・シミ・そばかすの沈着防止
    ・自律神経を安定効果させる



    疲労回復 クエン酸
    みかんに沢山ふくまれているクエン酸ですが、たんかんにも多くのクエン酸が含まれています。
    クエン酸の効能といえば「疲労回復」ですが、疲労回復以外にも「病気の予防」「美容」に効果が期待できます。
    たんかんに含まれるクエン酸に期待される効果
    ・肩こり、筋肉痛などの改善
    ・血流の改善
    ・基礎代謝アップ
    ・免疫力アップ
    ・肝臓の機能改善
    ・痛風の予防




    本部町・名護市で「たんかん刈り」

    沖縄本島北部では「たんかん刈り」も体験できます。(1月~2月初旬くらいまで)
    ・入園料は300円くらい
    ・持ち帰り料金は1キロ300円~350円くらい
    ・本部町にある「伊豆味みかんの里」などで体験できる

    冬に沖縄旅行で北部に行く機会があれば、家族で「たんかん狩り」オススメです!
    みかん好きの子供はもちろんの事、みかんが苦手だった子供も楽しくタンカンを狩って、美味しく食べていました!
    スッパさが無く、甘くて美味しかったそうです!!
    沖縄観光で歩き疲れた体をタンカンで癒やして、また沖縄を楽しむ!いい栄養補給になりますよ!



    沖縄タンカン ふるさと納税お礼品一覧